朝日工業 株式会社

防錆加工・金属表面処理の朝日工業

FAXからのお問い合わせ

 

Adobe

PDFファイルをご覧いただくためには 「Adobe Reader」が必要です。

 

HOME»  溶融亜鉛メッキ

溶融亜鉛メッキ

錆・侵食をシャットアウト。高品質で経済的な製品をお届けします

 

溶融亜鉛メッキは、19世紀の中頃フランス及びイギリスで開発されました。このメッキ法は鉄素地の表面に鉄と亜鉛の合金層をつくり、その上に亜鉛層を形成するもので、その防食方法は防錆性能と経済性の面で最も優れており、今後益々用途が拡大していくものと思われます。
溶融亜鉛メッキの特徴として、優れた防蝕性が挙げられます。これは(1)亜鉛メッキ層そのものが厚いこと。(2)亜鉛メッキの表面が空中の酸素と統合し、酸化亜鉛という一種の防護皮膜が形成されること。(3)自己犠牲防蝕機能があること。以上3つの要因により、鉄製品を苛酷な自然条件のもと数十年とう長い期間にわたって、鉄が錆(酸化)びないよう保護しています。

 

溶融亜鉛メッキ


溶融亜鉛メッキ

 

溶融亜鉛メッキの特長とライン工程(クリックすると拡大します)

 

溶融亜鉛メッキ